バンコクの生活

2018年、イベントの山

日本のAKB48の活躍が目立つ中、バンコクではBNKの活躍がバンコクの大型店で大活躍。

ICONSIAM(チャオプラヤー川の対岸)では、高島屋が11月のオープン!
紳士服、婦人服、化粧品、食品など、日本からのより優れたものを提供されています。


image by wikipedia

婦人服では、ジャパンクオリテイーを打ち出し、日本ブランドを導入。
紳士服は、ビジネスウエアーを充実させ、「御幸毛織」「エミネント」などが出店。
化粧品は、「アクセーヌ」「デイアマユコ」など、日系ブランドを最大級で品ぞろえ。
食品では、和牛や青果を扱うスーパーが入り、タイ初登場の「ドサンコプラザ」も展開されています。

また、バンコクを中心に電車の展開も増えてきて、今後ますます便利になってきそうです。
屋台がなくなってきましたので、今までタイと言えば屋台と思われてた人には少しショックかもしれませんが、高層ビルがどんどん増えてきて、物価も上がってきていますので今後楽しみになりますね。